マイナポータルができたら、申告手続が簡素化されますか?

マイナポータルでは、行政機関がマイナンバー(個人番号)の付いた自分の情報をいつ、
どことやりとりしたのか確認できるほか、行政機関が保有する自分に関する情報や行政
機関から自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコン等から確認できるもの
として、内閣官房を中心に整備が進められています。

例えば、各種社会保険料の支払金額や確定申告等を行う際に参考となる情報の入手等が
行えるようになる予定です。
また、納税などの決済をキャッシュレスで電子的に行うサービスも検討されています。

国税庁においては、上記の検討状況を踏まえつつ、これらが実現された場合を見据え、
納税者の方の利便性向上を図る観点から、マイナポータルとe-Taxとの連携について、
検討しています。